債務整理 仙台 任意売却

まずは安心納得の無料相談にお越しください。親身に対応させていただきます。フリーダイヤル0120-489-022

任意売却とは

任意売却とは、所有する住宅を売却し、代金から債権者(銀行など)に返済を行う手続です。

競売(強制競売、担保不動産競売)よりも有利な面が多いため、広く利用されています。

当事務所では、経験豊富な不動産業者と連携し、スムーズな任意売却のお手伝いをさせていただくことが可能です。

住宅ローン返済にお困りの方はお気軽にご相談ください。

任意売却のメリット

住宅所有者(住宅ローンの借主)にとってのメリット

  • 競売よりも高い値段で売れれば、その分だけ多くの住宅ローンを返済できるため、残る住宅ローンの額が少なくなる。
  • 債権者によっては、売却代金から住宅所有者の引越費用を支払ってくれることがある。

住宅ローン債権者(銀行、信用金庫など)にとってのメリット

  • 競売よりも高い値段で売れれば、その分だけ多くの住宅ローンを回収できる。
  • 買い手が付けば競売よりも早く手続を進めることができるため、早く住宅ローンを回収できる。
  • 競売申立てのための費用(仙台地裁の場合、50万円以上)を捻出する必要がない。

任意売却のデメリット

住宅所有者(住宅ローンの借主)にとってのデメリット

  • 通常の不動産売買であるため、売買契約書の締結や登記手続に協力しなければならない。
  • ほとんどの場合、必要な時間が競売よりも短いため、早めに住宅から退去しなければならない。
  • 全ての担保権者や差押債権者からの同意が得られない場合、任意売却を進めることができない。

住宅ローン債権者(銀行、信用金庫など)にとってのデメリット

  • 住宅所有者が協力しなければ任意売却を進めることができない。
  • 他の担保権者や差押債権者からの同意が得られない場合、任意売却を進めることができない(高順位の担保権者から高額のハンコ代を要求されることがある)。

任意売却が適する場合・適さない場合

住宅の価値が高く、売却代金で住宅ローンの全額(または大部分)を支払ってしまえる場合には、任意売却による返済が適していると言えます。

逆に、住宅の価値が低く、任意売却を行っても多額の住宅ローンが残ってしまう場合には、残る住宅ローンをどのように支払っていくか、という点が最大の課題になります。

数百万円の住宅ローンが残る場合、最終的には自己破産や個人再生といった手続を取らざるを得ませんので、こうしたケースでは、まず自己破産等の方向性を決め、その手続の一環として任意売却を進める必要があります。

任意売却をご検討されている方へ

当事務所では、司法書士としての不動産取引の経験を活かし、スムーズな任意売却のお手伝いをさせていただいております。

専門の不動産業者によるサポート

任意売却においては、買い手探しの他に、債権者との担保(抵当権)抹消の打合せが必要になります。

担保抹消打合せの巧拙によって成否が決まると言っても過言ではありません。

通常、担保抹消打合せは不動産業者が行いますが、これは知識や経験を要する業務であり、どの不動産業者でも取り扱えるわけではありません。

当事務所にご相談いただいた場合には、経験豊富な不動産業者をご紹介させていただきます。

残った住宅ローンの整理をサポート

昨今の市況の冷え込みにより、不動産の売却代金は下落を続けています。

そのため、任意売却をしても、数百万円の住宅ローンが残ってしまうケースは珍しくありません。

当事務所では、自己破産や個人再生といった手続を駆使し、残った住宅ローンの整理についてもお手伝いさせていただくことが可能です。

まずはお気軽にご相談ください。

無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
司法書士 高野和明

無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
仙台・宮城の債務整理ガイドなら初めての相続手続でも安心!どんなことがご不安ですか?知りたい3つを今すぐ解決!
知りたい不安その1 相続手続の料金を知りたい!
知りたいその3 面接相談の様子が知りたい!

事務所写真
無料相談の流れはこちらをご覧下さい。


ページの先頭に戻る